AX 2011年01月 - イチログ

BABAR

雨蘭咲木子さん関係
01 /26 2011
Babar-Badou-2.jpg

先週から「ぞうのババール~バドゥのだいぼうけん~」が始まったので見てます。

ババールの孫のバドゥが友達と城やジャングルで遊んだり冒険したりする話。
ウランさんはバドゥ達の教師のミス・ストレッチ役。
ストリッチ先生はかなりテンションが高くて面白い。
ちょっと鬱陶しいけどいい先生ですね。
雨蘭さんって動物だと鳥声なのかなと何となく思ったり。

他にも色々な役も演じているんですが
個人的にはバドゥのお母さんのしっとりした声の方に惹かれた。
こういう役もいいな。

機械の調子が悪くて最初のほうを見逃したんだけど、すぐ1話に戻るみたいだから良かった。
スポンサーサイト

出演情報

出演情報
01 /10 2011
火曜サプライズ今夜7時は新春2時間スペシャル! 1月11日(火) 15:55~16:53 日本テレビ
レイトン教授と奇跡の仮面 2月26日(土)発売
かぞくはじめました 3月26日(土)公開 公式サイト

11日は7時から火曜サプライズの2時間スペシャルで、さらにその前にも1時間ありますよ。

レイトン教授は3DSのロンチタイトルなんですね。
はたして3DSが手に入るかどうかという。

キャサリン・ハイグル好きなんで、かぞくはじめましたは楽しみ。
相手役のジョシュ・デュアメルのみんな私に恋をするは前に見たんだけど、
いまいち感想書くほどの映画じゃなかったからな。
ラブコメとしても中途半端だし、頭からっぽで見れば幸せになれるってほどでもなかったし…。
登場人物に魅力がない。ヒロインも絶妙に可愛くないし。
可愛かったら男に追いかけられても普通になっちゃうからしょうがないけど。
でも雨蘭さんのキャラは好きでした。おばあちゃんと真っ暗なレストランの店員っていう。

モンクさん

海外ドラマ
01 /07 2011
img_620268_17938927_1.jpg

年末の連続放送でまた改めて見たんですけど、
いままでずっと見続けてきただけに、最終回は感動で。
モンクさんが自分からハグしに行くところとかでもう。
今ならトミーとも暮らせるよ。

こんな風にみんなが幸せになって終わるドラマもなかなか無いですよね。
まだまだ続けられそうだけど、いい終わり方ができるときに終わらせたのは正解だったと思います。
クローガー先生のことがあったからなおさら。

ラストシーズンではシャローナの再登場が嬉しかった。
ナタリーも好きだけど、シャローナもめちゃくちゃ好きだったから。
モンクさんとシャローナが夫婦のふりする話大好きなんですよね。
シャローナ役のビティ・シュラムが出演料で揉めて唐突にいなくなってしまったこともあって、
確執があってもう二度と出ることはないんだろうと思っていただけに、
ビティも製作者もシャローナというキャラクターを大切にしてくれてるのがわかって嬉しかった。
ベンジーにもちゃんと出てもらいたかったな。

これまでは少し回復したと思ったら悪化するの繰り返しだったわけですけど
ラストシーズンはまさにモンクさんが障害を一つ一つ乗り越えるシーズンだったなと思います。
最後のティッシュなんてまさにモンクさんの強迫性障害の象徴だったから。
そしてあのすぐそばにあったプレゼントに真実があったことが最後の殻を破ってくれましたね。

今まではモンクさんは不幸せで障害があるからこそ探偵として優秀でいられるんだと思ってました。
でも、そんなことはなくてあの天賦の才は幸せでも発揮できるんですよね。

なんでこんないいドラマなのにDVDが出てないんだろう。

イチ

URAN管理人のイチです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。