AX 2010年07月 - イチログ

借りぐらしのアリエッティ

映画
07 /19 2010
001_20100719011718.jpg

<ストーリー>
アリエッティはとある郊外の古い屋敷に住んでる小人の女の子。小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを必要なだけ人間の世界から借りて生活する、借りぐらしの種族だ。アリエッティが初めて借りに出たその夜、借りの最中に病気の静養でこの屋敷にやってきた少年・翔に姿を見られてしまう。人間に姿を見られたからには、引っ越さないといけない。掟と好奇心の間でアリエッティの心は大きく揺れるのだった…。

続きを読む

スポンサーサイト

トイ・ストーリー3

映画
07 /11 2010
005.jpg

<ストーリー>
カウボーイ人形のウッディは、ご主人様のアンディの一番のお気に入り。でもそれは、ずいぶん前の話。アンディはとっくにおもちゃを卒業し、もうすぐ大学に進学するためにこの家を出ていくのだ。ご主人様を失ったおもちゃたちの運命は、ゴミとして廃棄されるか、どこかに施設に寄付されるか…。そんなある日、何かの手違いでおもちゃたちはサニーサイドと呼ばれる託児施設に寄付されてしまう。「子供と遊べる!」とはしゃぐおもちゃ仲間たちに、ウッディは「アンディを信じろ」と説得するが、誰も聞く耳を持たなかった。だがそこは、おもちゃを破壊しまくる凶暴なチビッコたちが集まる、おもちゃにとっての地獄だったのだ…。アンディの家を目指してひとり脱出に成功したウッディだったが、仲間たちに危険が迫っていることを知る。アンディの元に急ぐべきか?仲間たちの元に戻るべきか?果たして、ウッディの決断は?そして、アンディの本当の気持ちは…?


前作から11年。アンディも17歳になり大学入学を控える年齢に。
ボー・ビープやウィージーなど、前作のメインキャラ達もどこかへ貰われていき、
残っているのはウッディ達数体のおもちゃだけ。
そのおもちゃ達も、大学進学を機に屋根裏行きかゴミ箱行きを迫られる。

毎回感動させてくれるピクサーですが、トイ・ストーリー3は最高傑作だと思います。
単なる続編ではなく、3作で1つの作品にしたかったという製作者のこだわりを感じました。
1があって2があってこそのこの3の感動ですよ。その年月がよりこの作品を素晴らしいものにしている。

世の中普遍的なものはないのだと寂しくもなるけれど、変わっていくのも悪いことじゃない。
自分が子どもだったころに遊んだおもちゃのことを思い出すこと請け合いです。

告白

映画
07 /10 2010
002_20100809040334.jpg

<ストーリー>
女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです」と衝撃の告白をし、ある方法にてその二人の生徒に復讐する。そして4月、クラスはそのまま2年生に進級。犯人のひとりAはクラスのイジメの標的になっていた。そして、もうひとりの犯人Bは登校拒否し、自宅に引きこもっていた…。


個人的には原作の方が好きですが、映画版も良かったです。
原作とはまた違った恐怖がありました。
13歳って、こんなにも幼いものかと映像で見て再認識させられました。

個人的に原作と最も異なると感じたのは
原作の森口先生は娘の死の真相を知った時、
完全に人としての感情を無くしてしまったんじゃないかというような印象を受ける。
だからこそ、あそこまで冷酷なことが出来きたのだと素直に納得出来た。

映画の方ではまだ感情がある、血が通っているというような描写があるからか、
そこまで冷酷な人間だとは思えませんでした。
本人も冷酷になろうとしているけれど、なりきれていないという印象。
だからこそ雨のシーンで残っていた感情を振り絞るように泣くシーンは圧巻でした。

それでもラストシーン、本当は鞄を置いてきていないんではないかという思いが若干心をよぎった。
どこかに人としての感情が残っていてほしいという願望からかもしれないけど、
原作の森口先生はそんなことを考えられる余地もなかった。
それが自分の中で原作と映画で最も異なった点でした。

そのラストシーンですが、
全編シンプルな作りであまり中島監督らしくないこの作品の中で
あのシーンだけはいかにも中島監督という感じです。
ただ、あそこは映像として見せる必要は無いと思うんですよね。
言葉だけで十分伝わる。むしろそっちの方が良かったと思います。

主演の松たか子さんの演技は素晴らしかったです。
でも、少年役の役者さんはこの役を演じるには力不足だなと。
少年法に守られた13歳の少年が犯罪を犯すというストーリーなので仕方ないですが、
13歳前後の若い役者さんで、あの役が演じられる人はそうそういないと思います。

ディザスター・ムービー!おバカは地球を救う 最‘難’絶叫計画

映画
07 /02 2010
e163e183715038eda4c645ae571d3f6e.jpg

<ストーリー>
伝説の秘宝“クリスタル・スカル”が預言する「世界が終わる日」。ウィルが見た奇妙な悪夢は現実と化した。降り注ぐ隕石の雨。ニューヨークを襲う大地震・竜巻・ブリザード!!街はパニックに襲われ、人々はただ逃げ回るのみ。人類の滅亡を阻止する唯一の方法は、 “クリスタル・スカル”を手に入れ祭壇に戻すこと。目指す秘宝は、色んな物が動きだしているアメリカ自然史博物館にある。地球の運命を賭けて、ウィルと仲間たちの大冒険がはじまった!


このシリーズはいくつか見てますが、
相変わらず、パロディとくだらないギャグと下ネタのみで構成された映画。
ストーリーはあってないようなもんだし、求めるのが間違いなのでどうでいいんですが。

今回はハリウッド大作映画がテーマなので、元ネタはほとんど分かると思います。
笑えるかどうかは別として。やたら数は出てきますが一つ一つは薄いかな。
個人的にはSATSの4人は結構面白かった。似てるんだけど、微妙に崩れてる所が。
サウスパークでも何でもサラ・ジェシカ・パーカーはいつもこんな扱いですね。

雨蘭さんはニコール・パーカーが演じた魔法にかけられた姫、エイミー・ワインハウス、ジェシカ・シンプソン役。
全員が色んな意味でプッツン女っていう。
今回、このシリーズとしては割とまともな性格のキャラが多かったんですが、一人飛び抜けてぶっ飛んでました。
一番台詞も多かったですし、そういう意味ではかなり楽しめました。

イチ

URAN管理人のイチです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。