AX 2008年11月 - イチログ

更新

サイト関係
11 /30 2008
新着のページを見やすくしてみた
スポンサーサイト

CM

出演情報
11 /24 2008
スティッチのCMはもう放送されているようですよ。
水曜7時のスティッチ!を録画しとけば確実ですよね。

クリスマス

出演情報
11 /21 2008
NHKにクリスマスラジオマンジャックのページができましたね。

公式サイト

テーマは「冬が好き」
今年は24日ではなく、20日放送なのでご注意を。

神のちからっ子新聞 4巻

11 /20 2008
いつの間にか発売していた神のちからっ子新聞の4巻。



なんか堀田さんだらけで。
3巻でもすでに堀田さんだらけだったけど。
今回とうとう背表紙まで堀田さんですからね。

面白さはやっぱり1巻が最高。
4巻にもなると面白さも作者のやる気も右肩下がりな感じは否めない。
でも、ところどころで笑わされました。たんす太郎とかひどかった。
相変わらずケンちゃんケロちゃんはテキトーだし。
100回目を区切りにしばらく休刊だそうで、充電していつか帰ってきてほしい。

ちょうど、この前友人に貸して見事ハマらせたところだったので、いいタイミング。
その子とは笑いのツボが一緒でね、お母さんが韓国ドラマにハマってるって言うので
「ぜひファンタスティックカップルを」と勧めたら、家族全員でハマったらしくて、
その子の家の今年の流行語大賞は「この様は!」になったらしいですよ。

出演情報

出演情報
11 /18 2008
テイルズ オブ ジ アビス ノワール役
リロ&スティッチ CM


アビスってもう始まってるんですよね。
公式サイト見てみたら、雨蘭さんのキャラしっかり載ってるじゃないですか!

公式サイト


ジ アビスか。
そういえばゲームを友達に借りてやったよ。
主人公がリンゴ盗むところまで。
それっきり起動することなく返してしまったというね。
テイルズシリーズはいまいちフィールド移動が馴染めなくて。

放送局が毎日放送とか中部日本放送とか見れないし。
DVD待ちかと思われましたが、かろうじてアニマックスが見られた。
アニマックスでは今度3話。雨蘭さんのキャラはもう出てるのかな?

リロ&スティッチのCMはまたDVDのCMでしょうね。
今放送中の「スティッチ!」のかな?

後、シリーズ物の吹き替えも録ったそうです。
シリーズ物の吹き替えってなんでしょうね。テレビかな?それともDVD?

ザブザブ波止場 3回目

その他
11 /17 2008
観てきました。ザブザブ波止場3回目。
さすがに3回目にもなると、道に迷わず行けますね。

チケットをとってもらったのが昨日の夜で。
満席だったようで、「すごい席かも。我慢してね。」なんてメールが来ていたので、
すごい席ってどんな席だろう。一番後ろのさらに後ろで木箱かなんかに座って観るのかな。なんて思ってたんですが、一番前のさらに前。
今日はそこにもう一列席が作られていて、そこだったんですよ。ビックリですね。

少し狭いスペースで背もたれもなかったので、
座ってるうちにお尻は痛くなったんだけど、どアップで観られて感激でした。
今までよく見えなかった役者さん達の細かい表情や小道具に書かれている文字などもよく見えましたし、なにより役者さん達の声がビンビン響いて、すごい迫力でした。

やっぱり初演と見比べてみると変わっている部分がいっぱいありました。
それを見つけるのもまた楽しいですね。
雨蘭さんの演技も、最初はもっと大人しいというか、おしとやかな感じだったのが、
言い回しや目の動きなど、ちょっとした仕草の変化で面白くなってましたよ。

舞台は生き物なんていうけど、こうやってどんどん進化していくですね。
なんだか後2日で終わってしまうかと思うと寂しいです。

さて、終演後はまた打ち上げの席にお邪魔してきました。
今回は雨蘭さん関係のお客さんも沢山いらしていたみたい。
町内会の方々や、フラメンコを一緒に習っている方々。
雨蘭さんの舞台を20年以上も観続けているというファンの方もいて、お話ししたり。
その方も、エコーの舞台を観ている内に雨蘭さんに惹かれて、
どうしても楽屋に行きたいと思い、楽屋で本人にお会いしてから交流が続いているそうです。
その気持ちはすごいよくわかる。
僕も実際に本人にお会いしてますます好きになりましたから。
そういうオーラを持っている人なんだろうなと。
だからこそ、こんなにたくさんの人が観にきてくれるでしょうね。

それから今回はエコーの方々など演劇関係の方もたくさん来ていました。
野沢那智さんやかないみかさん、高乃麗さんなどなど。
エコーの落合さん達もいましたし、打ち上げの席が華やかでした。

今劇場

出演情報
11 /17 2008
直前にチケットをとってもらったので、席がすごい席になっちゃうかもなんて言われていたんですよ。
すごい席って見えないくらい後ろなのかと思ってたんですが、真逆だった(°□°)

1番前の席のさらに前。
手が舞台に届くくらい。
これはむしろ嬉しいですよ

3回目

雨蘭咲木子さん関係
11 /16 2008
今日は英検を受けてきましたよ。
この一週間ほどはその勉強でパソコンも開けず。
まぁ、とにかく終わって一安心。受かった気は全然しないけど。
で、来週にはパソコン検定があるんですよ。今度はそっちの勉強しないと。

そして、ザブザブ波止場はいよいよ今度の水曜で千秋楽を迎えますが、
大分初回から進化していっているそうで、どうしてももう一回観たい。
ってことで、明日また行ってきます。検定も終わったし、自分へのご褒美?とかなんとか言ってみる。

ザブザブ波止場 2回目

その他
11 /08 2008
ザブザブ波止場、2回目行ってきました。
この間と違う路線で行ったら、新宿駅で迷って迷って。
気付いたら反対側に出ちゃってたりとか。何個出口あるんだっていう。
出口としては、A6から出れば一番近いのかな。

舞台の方はやっぱり少し初日から変化していたように思いました。
それに、この間が左の方の席で、今度は右の方だったので、また違って見えましたね。
今日はお客さんもいい感じだったみたいですよ。

終演後は雨蘭さんに少し挨拶して。
僕、客席に岩崎ひろしさんがいたような気がしててね。
「あれ、あの人岩崎さんじゃない?」みたいな。
その事を話したら、岩崎さんだったらきっとメールが来てるだろうから違うと思うと。
その人、終演後もそのまま帰っちゃってたし、別人だったのかな。
すんごい似てたんだけど。ドッペルゲンガー?

そうそう。
それから、この前書くの忘れてたんですが、
パンフの出演者の今後の活動予定で「ラジオマンジャック~クリスマススペシャル」が載っていましたよ。
今年も放送してくれるみたいですね。きっと放送されるだろうと思ってました。

できれば千秋楽近くにもう一回行きたいですね。
2回観たので、席は後ろの方で全然いいから。
でも来週、再来週と検定があるのでスケジュール的に難しいかな。う~ん。

ザブザブ波止場

その他
11 /06 2008

<ストーリー>
ときは1970年代前半。大阪万博が開催され、高度経済成長も真っ只中。巷にはフォークソングが流れていたころ。
ところは宮崎県日南市の油津漁港。戦前は東洋一のマグロの水揚げを誇ったものの、いまでは時代の波に取り残された港町。
ある夏の日。油津漁協の事務所には、手持ち無沙汰の漁師たち、事務員や地元の人間、警察官などが出入りしていた。そこに、出漁中の加藤の漁船が予定を過ぎても帰港していないという情報が入る。心配顔の漁師仲間たち。無線で呼びかけても応答は無い。まさか遭難かと騒ぎ始めたところに、同船していた漁師が駆け込んでくる。
「加藤さん、港にはもう戻れんて。あんげな女のおる港には戻りたくねえて、まっこつ訳がわからん。」
そして「狂ったように船を走らせて」去っていったというのだ。
一体どういうことなのか?「あんげな女」とは誰なのか?
困惑顔の漁師たちのもとに、やがて加藤の妻が現れて・・・・・・。


昨日のザブザブ波止場の初日に行ってきました。
いや、面白かった。まっこつ面白かったです。生の舞台を鑑賞するなんて久しぶり。

劇場はビルの四階。
ビルに入る時点でドキドキしちゃって、途中一回階段を降りちゃったり。
なんとか席について、パンフレットを眺めていたら、隣の席に紳士が。
それが誰あろう雨蘭さんの旦那さんだったんですよ。もうビックリでしたよ。
二人で「ドキドキしますね」「緊張しますね」なんて。こっちは観てるだけなのにね。

そして、波の音とともに始まった舞台。
昭和の時代、片田舎の港の威勢のいい大らかでテキトーで男達。それに振り回される女達。
まだ始まったばかりで内容に関してはあまり多くは語れませんが、すごく楽しかったです。
三回目だけあって、初日でしたがすごく完成されていたように感じました。

雨蘭さんも良かったですよ。
雨蘭さんは漁師の加藤さん(兄)の妻で、小料理屋の女将をしている加藤光子役。
おしとやかで漁師の中でも評判のいい美人なのですが…。
田舎の港には似つかわしくない浮世離れした雰囲気を持っている人で、最後のシーンなんかは惚れ惚れしました。

上映後はなんと打ち上げにまで参加してきてしまいました。
舞台の出演者全員と、スタッフさん達、お友達までいらしていてすごい人数。
こういう飲み会って千秋楽の後にやるものだと思ってたんですけど、ここでは毎日やるんだって。こういう中で舞台のアイディアが生まれることも多いらしいです。

僕の斜め前には斎藤志郎さんが座っていて、心の中で「イグナシオ!」みたいなね。
僕の中では優しいお父さんといえば斎藤さんなんですが、ご本人もすごく素敵な人でした。
また斎藤さんの役も面白い役なんですよ。博多から左遷されてきた刑事さんでね。

そこには、雨蘭さんの大親友という大西多摩恵さんもいらしていて、
美人薄命でもうすぐ死ぬ運命にある大西さんが死ぬ前に二人舞台をやりたいというお話もされてました。
女詐欺師の話にしたいそうで、ぜひとも実現して欲しいですね。

舞台にはまたすぐ明後日の土曜に行ってきます。
今回は左の方の席で、今度は右の方の席なのでまた違って見えると思います。

いよいよ(>∪<)

雨蘭咲木子さん関係
11 /05 2008
20081105180122

初日前夜

出演情報
11 /04 2008
明日はいよいよザブザブ波止場の初日ですね。
いやぁ、なんかこっちが緊張してきちゃいましたよ。
舞台が成功してくれることを祈るばかりです。

イチ

URAN管理人のイチです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。