AX 2008年04月 - イチログ

おバカ映画

映画
04 /28 2008
観たかったけど、結局観られずに終わった「俺たちフィギュアスケーター」のDVDが5月23日に発売なのですよ。

俺たちフィギュアスケーター スペシャル・エディション

パッケージですでに笑える。

こういうおバカ映画ってたま~に見たくなりますね。
友人にそう言ったらヅラ刑事をプッシュされました。
それがたまたまこないだテレビでやってたみたいで、自動録画で録画されてたんだけど、一切見てない。日本映画はあんまりね。

たまに父がレンタル落ちした変なDVDを買ってくるんですよ。「ダヴィンチ・トレジャー」とか「パイレーツオブアトランティス」とか。色んなもん混じってるってやつを。
自分は見ずにヅラ刑事プッシュの友達に貸しちゃったんだけど、今になって見たくなってきましたよ。
スポンサーサイト

サブリナ DVD化

ドラマ
04 /25 2008
そうなんですよ。サブリナDVD化なんですよ。

Sabrina The Teenage Witch

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/-/VTBF-5062.html

でもね、残念ながらコンプリートボックスではないんですよ。
ボックス4まで出るって言うからてっきり第4シーズンまで収録されているのかと思いきや、
全7シーズンが4ボックスに押し込められてるんです。全161話中、76話しか収録されてません。
各シーズンも半分ほどエピソードが削られており、第2シーズンなんて25話中たった6話だけ。
権利関係で色々あるからでしょうけど、いくらなんでも半分以上削られてるのは…。

サブリナは思い入れのあるドラマで、最初に見た時から一目ぼれで、いまだに大好きという。
本格的に雨蘭さんのファンになるきっかけになったドラマの一つでもありますし。
本当に待ち望んでいたDVD化なだけに、その分ショックも大きくて…。若干放心状態です。

まぁ、なんにせよDVDBOXが発売するというのはめでたいことには変わりないですね。出してくれるビクターにも感謝。
買うかどうかは特典次第かなぁと思いつつ、何だかんだいって結局買っちゃうんだろうな。
足りない話はディズニーチャンネルで補うしかないか。
いずれはコンプリートボックスが発売される日が来ることをただただ祈るのみです。

ブラザーズ&シスターズ #23 「それぞれの旅立ち」

海外ドラマ
04 /23 2008

23

<ストーリー>
ついに迎えたシーズン最終話。家族に新たな旅立ちの時が…。ジャスティンがイラクへ出発する前に、急遽キティとマキャリスターの婚約披露パーティーが開かれることになった。ウォーカー家の面々が準備に追われる中、ジャスティンは軍曹からの連絡で出発が予定より早まったことを知る…。


見終わるまで最終回だということに気付いてませんでした。
最終回だというのに綺麗な終わり方。事故るわけでもなく、撃たれるわけでもなく。
このドラマにそんな演出必要ないか。最後のシーンはウォーカー家らしくてすごく良かった。

全話見終わって、1話からのことを思い出しているとまたその時とは違った感動が湧いてきます。
ウォーカー家には次々に問題が降りかかって、みんなきっと独りだったら潰れてしまっていたと思う。
家族の深い愛、絆があったから乗り越えることができた。素晴らしいですね。

第2シーズンは秋に放送開始予定ということで、今から楽しみです。

BLUE DRAGON 天界の七竜 #03 「漢の勝負」

アニメ
04 /20 2008
マルマロちゃん、思ってたよりも早い登場。
なんかホッとするね。第一期後半はシリアスな展開だったから、マルマロメインもこんなアホな展開も久しぶりだから。
身長も性格も全然変わってないし。服すら変わってないという。そこらへんがマルマロらしいけど。
そして、サーベルタイガーと2年ぶりの再会。やっぱりこの二人は癒されるな。
ノイとは同レベルだから、なんだかんだいって親友になれそうな気がする。

第2期では1期のように分かりやすい敵がいない分、今後の展開が読めませんね。
他の人たちはいつ頃登場するのかな。公式サイトにも載ってないし、もう少し先そう。
まぁ、第一期は登場人物が多すぎたような気もするので、このくらいの方がちょうどいいのかも。
それにしても、ブーケはすっかりヒロインになっちゃって。
世界を救った後、最後にシュウとブーケが残ったなんてビックリでしたよ。
最初に出てきた時はオリジナルのキャラだし、添え物みたいな扱いになるんじゃと思ってたのに、一年でヒロインの座まで射止めてしまうとは。さすが視聴率女。パイパイは伊達じゃないですね。

そうそう、BDCGのマルマロの新しいCMも流れてましたね。
あの去年のCM風の。とりあえず2種類あったけど、もっとあるのかな?

ファン・ジニ

ドラマ
04 /18 2008

<ストーリー>
16世紀朝鮮王朝時代に実在した人物ファン・ジニが、様々な試練の中で芸術の花をさかせ、身分のしがらみに苦しみながらも、朝鮮時代最高の名妓(キーセン)と呼ばれるようになるまでの波乱万丈の生涯を描いたドラマ。


忙しくて見れてなかったんですけど、まとめて見ました。
時代劇、それも外国のものとなると分からないことも多いですが、分からないなりに楽しいです。

2話では離れ離れになっていた親子が再開。
自分ができなかった分、娘には自由に生きて欲しい母親とそれに反抗してしまう娘。
反抗しつつも目の見えない母親のために石をどかしてあげるところはやっぱり親子ですね。
そして次回はチニの初恋の話。この事でチニの心境も変わっていくのでしょうか。

吹き替えの声優さんは雨蘭さんも含め相当に好きな方ばっかり。
その中でも、ペンム役の藤田さんがカッコよすぎて。ゾクゾクする。
なんであんなに上手いんだろう。いつもそう思うんだけど、特にそう思いました。

旅行 二日目

日記
04 /12 2008
ちょっと間が空いてしまいましたが、旅行二日目の感想。

広島で一泊して、次の日は朝早くに新幹線で京都まで行きました。
天気は晴天。天気予報じゃ雨なんて出てたけど、僕って大事な時には割と晴れ男なんですよ。

京都に着いたのは9時頃。駅前のバスターミナルはすごい行列で、
特に清水寺行きのバスの前には長蛇の列。最初に行くのを清水寺にしないで良かった。
僕達が最初に行くのは上賀茂神社。そっちはあんまし人気無いのかバスも結構空いてました。

上賀茂

上賀茂神社は小さい神社なので、これといって見るものはあんまり…。
じゃあ、なんで行ったのかというと、それは航空安全のお守りが欲しかったからなんです。

航空安全

スカイブルーの生地に飛行機の絵柄が付いているもので、これが欲しかったんですよ。
飛行機に乗る期間なんて全然無いけど。今は寺ごとに個性的なお守りが売られているんですね。

上賀茂神社を見た後はタクシーで金閣寺へ。
王道ですね。京都に行ったら一応ここは押さえとかないとね。

金閣寺

趣味悪ッ!

金閣寺を一回りして、ソフトクリームなんか食べた後、
次の目的地、嵐山に行くために北野白梅町駅まで歩きました。
北野白梅町駅は、なんか窓とかボロボロで一見すると廃墟みたい。
逆にそれがいい雰囲気をかもし出してた。

北野白梅町駅

自動改札機もないし、切符の確認は降りる駅で。
電車も趣があって、降りる時はバスみたいにピンポーンってボタンを押さないといけないという。
嵐山駅のホームにはちっちゃい足湯があるんですよ。一休みするのにちょうど良かったです。

嵐山では天竜寺を見て、竹林の道を通って野宮神社も見て、川べりを歩いて渡月橋へ。

天竜寺

竹林

竹林の道はいいですね。入った途端スーと涼しくなって。
渡月橋は思ってたより普通の橋だった。もっとすごく幅が広くて木で出来てるもんだと…。
でも、周りの山はすごい。切り立ってて。紅葉がすごいのが見なくても分かる。
秋にはものすごい人が来るそうですが、この時期はそうでもなかったです。

ここまではすっごいいいペースだったんだけど、この後は色々と…。
お土産買うために行った二条で迷って二条城の周りをグルーっと回る羽目になったり、
さらにお店が見つからなくて行ったり来たりして、ようやく見つけたのに閉まってたりとか。
烏丸ではタクシーの運転手さんも迷っちゃったりとか大変でした。
とにかく言いたいのは京都の店の看板はやたら小さい。それから、タクシーの運転手さんはみんないい人。

まぁ、二日目はこんな感じ。

魔法にかけられて

映画
04 /06 2008
魔法にかけられて

もう休みも終わっちゃうので、観て来ました。

面白かったです。僕もディズニー映画大好きなんですけど、
あのキャラクターが現実に現れたらあんなになっちゃうんだと。

ジゼルの表情やしぐさがディズニーアニメそのものなんですよね。
あの浮世離れした不思議ちゃんぶりは可愛くもあり痛々しくもあり。
自虐ネタで笑わせつつ、歌は素晴らしいし、衣装も素敵だし、その辺ははずしませんね。

見所は白雪姫などでお馴染みお掃除シーンかな。
あの歌いながら動物にお手伝いしてもらうというものね。
アニメで一緒にお掃除するのは、リスやウサギなどの可愛らしい森の動物達ですが、
大都会ニューヨークにそんな動物達がいるはずも無く、ジゼルの呼びかけに応じて現れたのは…。
ナンシーがあんな光景まともに見ちゃった日には、心にかな~りの深いトラウマが残ってしまったことでしょう。

序盤のセルアニメはさすがディズニー、素晴らしく綺麗でした。
ディズニーは随分前にセルアニメ部門を閉鎖してしまったので作っているのは別会社ですが。
やっぱりディズニーといえばセルアニメでしょ。CGはピクサーに任せとけばいいじゃん。

旅行 一日目

日記
04 /05 2008
最近やたら眠くて、8時くらいに眠くなっちゃって、パソコンすら開いてませんでしたよ。
早く旅行の事書かないと忘れちゃいますね。

旅行は一日目は広島で二日目からは京都へ。
広島へは着いてすぐにフェリーに乗って宮島へ行きました。

とにかく天気が変わりやすくて、雨降ったりやんだり、こっちは雨なのにあっちは晴れてたり。
後、鹿だらけね。あんなにいるとは思わなかった。
すんごい人に慣れてて、中には撮影のためにポーズとってんじゃないのかってやつまでいましたよ。

鹿

厳島神社は思ってたより小さいなと思いましたね。後、水位が低いなとも。
あの鳥居よりも狛犬のデカさに驚いたという、

厳島


そしてやっぱりそこらじゅうにもみじ饅頭屋が。
定番のアンコから、カスタード入りやチョコ入りなど色々と売ってました。
その中でも気になったのは揚げもみじ。行く前からこれだけは食べようと決めてました。
食べた感想は…、う~ん…。予想を裏切らない味でした。

そして、その後フェリーに乗って平和記念公園に帰ってきて、原爆資料館へ。

原爆ドーム

原爆資料館では見て回る前に、被爆者の方の話を聞きました。
原爆とか戦争とか本やテレビなんかでは知ってるけど、やっぱり実際体験した人の話を聞くと違いますね。

その方は原爆が落ちた時、爆心地近くの学校のグラウンドにいたんだそうです。
気付いた時には周りは瓦礫の山で、体中が焼き爛れていたと。
その後、避難のために山を登るんですが、山道には力尽きた人がたくさん倒れていて、
その人達が助けを求めて足を掴むだって。でもどうする事も出来ず、見捨てるしかなかったと。
もう想像もできないですよね。そんなこと。

その人の話で一番印象に残ったのは原爆が落ちた瞬間の事。
原爆が落ちた瞬間、ピカッと空が光ってピンクの煙に包まれたんだそうです。本当に経験者しか知りえないことですね。

原爆資料館はすごい良かった。被爆者体験の話を聞いた後だと特に。
展示されている遺品には全てに名前や享年や死因が書いてあるんですよ。
残念なのが行ったのが夕方からで、それに被爆者体験の話が予定よりも長かったので、閉館時間が迫ってて30分くらいしか見られなかったこと。
予定立ててる時、入館料50円ってのを見て「50円じゃたいしたものないんだろう」と思ってた自分がバカだった。お金じゃないんですね。

一緒にいった子達は資料館で感動してしまって、宮島にも行かずに一日いたそうです。
そうですね。あれは丸一日かけても見る価値があると思う。また行く機会があったら、ゆっくり資料館を見て周りたいです。

イチ

URAN管理人のイチです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。