AX 2007年10月 - イチログ

エミリー・ヤン

海外ドラマ
10 /29 2007
さっそくディズニーチャンネルの「エミリー・ヤン」を見ました。
女の子エミリーが色々な職業に挑戦する番組で、
今日は腹話術師に挑戦していました。今日はまだ雨蘭さん出てなかったです。
オープニングのあの歌歌ってるのって藤原堅一さんかな?
なんか70'ショーのフェズがすっごいいい顔で歌ってる映像が脳裏に浮かんだんだけど…。

そうだ。70'ショーといえば、FOXで11月から第4シーズンが始まりますよ。
でも、あいかわらず字幕版だけ。もう吹き替え版は放送してくれないのかな。
スポンサーサイト

53番目のセリフコンテスト 結果

TV・映画・DVD
10 /27 2007
「53番目のセリフコンテスト」が開催されていたこと憶えてますか?
いつの間にやら発表されていますよ。54番目まで。

マルマロコンテスト発表!!

結局下ネタかい!みたいな。

今日ブルードラゴンを見てたら、最後にプレゼントのお知らせが。
「影発動体感! ブルードラゴン~極めろ!ファイヤークライシス!~」ってゲームが出るんですね。ゲームが元のアニメのゲームって、どうなんでしょう。
バンダイが出してるLet's!TVプレイってシリーズのものみたい。雨蘭さん出てるのかな?

来年にはDSでもブルードラゴンが出るそうで、そっちも気になりますね。
まぁ、DSだと声ナシかもしれないし、ゲーム版の人達になるかもしれないけど。

ブラックブック

映画
10 /26 2007
先日見たブラックブックの感想。

ブラックブック [DVD]

<ストーリー>
1944年、ナチス占領下のオランダ。美しいユダヤ人歌手のラヘルは、南部へ逃亡する途中、ドイツ軍により家族を殺されてしまう。レジスタンスに救われたラヘルは、エリスと名を変え、髪をブロンドに染めレジスタンス運動に参加する。彼女はその美貌を武器にスパイとしてドイツ人将校ムンツェに近づいていくが、その優しさに触れ、次第にムンツェを愛するようになってしまう。一方、レジスタンス内では裏切り者の存在が浮かび上がる。


評判がいいみたいなので期待してみましたが、期待以上に素晴らしかった。
第2次世界大戦という大きな流れに翻弄される人々。
家族が殺されても、恋人が殺されてもそれも踏み越えていかなければいけない。
裏切りなんてのは当たり前。戦争は人間の醜い部分、弱い部分を映し出します。

途中、ナチスに情報が漏れており、レジスタンスの中に裏切り者がいるというのがわかるんですが、それは一体誰なのか。
最後はタイトルのブラックブックが謎を解き明かしてくれます。

戦争物にありがちな大げさな反戦描写はなく、ただただ淡々と物語は進みます。
でももちろん反戦のメッセージは確かにあって、静かな分、より深く伝わってきました。結局、戦争なんていうのは、空しいだけで最後には何も残らないんだよね。

雨蘭さんはエリスが潜入したドイツ軍諜報部の同僚ロニー役。
世渡り上手で、ああいう時代の中である意味とても強い女性だと思いました。
そうそう。吹き替えではジャックとマイケルの夢の共演だったんですね。

HEROES

海外ドラマ
10 /23 2007
一気に4話まで見ました。いや面白い。
簡単に言えば、進化して突然特殊な能力に目覚めた人達の話。
なんかこう書くと安いヒーロー物みたいだけど、全然そんなことなく。

まだ始まったばかりなので、登場人物もまだその能力に気付いていなかったり、
持て余していたりしていて、ここからどうなっていくのか。

やっぱり注目はヒロ・ナカムラ役の日本人俳優マシ・オカですね。
ヒロ・ナカムラは一人場違いなくらいな可愛さで。着ぐるみかっていうような。
所々出てくるエセ日本もなかなか素敵。アジアの色んな国が混じってる感じで。
バックストリートボーイズをあんなにうまく歌える日本人いませんから。
「そば」「カラオケ」とか日本語の看板やポスターがものすっごい安っぽいけど、
でも意味不明の言葉はないあたりはちゃんとチェックされてるのかな。
あとこのドラマにも日産が関わってるのかいと。

登場人物が多いから、話が小出し小出しで。早く続き見せてくれ。

Dr.コパの我が家の必勝大開運術

その他
10 /22 2007
「Dr.コパの我が家の必勝大開運術」買ってきました。

Dr.コパの我が家の必勝大開運術 2008年版 (2008)
小林 祥晃
幻冬舎コミックス (2007/10)
売り上げランキング: 216378

コパのサイトでは明日発売ってなってるけど、実際は10月始めから売られてたみたい。
多分、発行日と同じで北海道や沖縄などの書店に並ぶまで若干時間のかかる地域の人達が古臭く感じないように少し遅めに書いているんでしょうね。

内容はコパと雨蘭さんの対談と雨蘭さんのお宅の診断。
オールカラーで8ページ。写真もたくさん載っていて、もう大満足でした。
僕の憧れは雨蘭さんで、その雨蘭さんの憧れがコパさんなわけだからね。
そう考えるとコパの後ろに後光が射しているような…。
風水って僕はあんまり良くわかんないけど、来年は勝負なのか。

雨蘭さん良かったですね。実際にコパに診断もらえるなんて。
でも、本にも載ってましたけど、結婚したら引っ越しちゃうのかな?
せっかくコパに見てもらったのに、引越しちゃうのはもったいない気もするけど。

古代王者恐竜キング #36 「アクトメタルを奪え!」

アニメ
10 /21 2007
みっちぇる先生久々の登場でしたね。

みっちぇる先生はあいかわらずのウザ可愛いキャラっぷり。
朝から濃いですね。もう計算なんだか天然なんだか、みたいな。
前回よりも目尻のシワがクッキリしてたような…。一体いくつなんだろう。
生徒達に呆れられてるところがいいね。また出ないかな。

それにしても、主役の三人はところどころ変に無表情で怖かったよ。

ハイスクール・ミュージカル2

映画
10 /13 2007
今日と明日はハイスクール・ミュージカル2のジャパンプレミア。
この日を待ってた。やっとハイスクールミュージカル2が見られました。

公式サイト

夏らしくてすごく爽やかだった。歌もダンスも全体的にパワーアップして。
シャーペイはいい子になってるのかと思いきや、よりビッチに。性悪最高。
アシュレイ、スイートライフだとものすごくいい子に見えるのに、
シャーペイになると性悪オーラが体からプンプンしてて。さすが女優ですね。

でもやっぱり夏に見たかったな。個人的には1の方が面白かったです。
ディズニーチャンネルが数ヶ月前から煽りに煽ってたから、期待が高くなりすぎてたのかも。

映画の合間には出演者達から日本のファンに向けてのメッセージなどもあり、
みんなで作る「ハイスクール・ミュージカル2」の投票結果も発表されました。
僕も投票したんだけど、何に入れたか忘れちゃった。書いとけば良かった。

これでようやく酷いバージョン、舞台キャスト版のを見られると思って見たら、
なぜか最後の30分しか録れてなかった。
なんで?番組表で録画したのに。しかも最後の30分だけって意味が分からない。
機械の調子がおかしかったのかな。こんなの初めてなんだけど…。
まぁ、30分見ただけでやっぱりこっちを先に見ないで良かったと思いました。

ファット・ガール

映画
10 /11 2007
「ファット・ガール」今日届いたのでさっそく見ました。
ファットはファットでもFATではなく、Pretty Hot And ThickでPHAT。

ファット・ガール/愛はサイズを超える [DVD]

<ストーリー>
クイーン・サイズ(XXL)のデザイナー志望のジャズミンは、デパートの洋服売り場で働く。特大サイズの女性のために、セクシーで魅力的な洋服を作ろうと格闘するが、なかなかうまくいかない。そんな中、ナイジェリアから来た超ナイス・バディの医者のトゥンデと恋に落ちる。アフリカでは、豊満な体の女性は、社会身分の高いことから、やせている女性よりももてるのだった! 超ハッピーなはずのジャズミンだったが、やはり自分の容姿にコンプレックスを感じてしまい……。果たしてトゥンデとの恋はうまくいくのか?!


デブはデリシャスでブラボー。太ってたっていいじゃないってね。
そんな事気にするなんて馬鹿らしくなっちゃう。そんな映画でした。

ジャズミンは体型の事で侮辱されても絶対に引かない。最後は拳で解決するって強い女性。自分と同じ太目の女性のためにクイーンサイズの洋服のデザイナーになる事が夢。でもやっぱり心の底では体型にコンプレックスを持ってるんです。
そんな中、自分の理想通りの完璧な男と恋に落ちるんですが、やはり自分に自信が持てなくて…。
でもあのくらいの太さの人ってアメリカにはゴロゴロいるんじゃないのかな?

吹き替えも思ったとおり素敵スギで。

ジャズミン…モニーク(雨蘭 咲木子)
ミア…ジョイフル・ドレーク(岡本麻弥)
トゥンデ…ジミー・ジャン=ルイス(森川智之)
ステイシー…ケンドラ・C・ジョンソン(安達 忍)

僕にとってはこのキャストだけで十分買う価値ある。

結構脇役好きなんですけど、やっぱりセリフの多い主役はいいねぇ。
ジャズミンはパワフルだけどチャーミングだったし、ミアはキュートな小悪魔。
トゥンデはひたすら男前な紳士で。もうみんなピッタリでした。
安達さんのステイシーはダサい地味な服着てるマジメな性格なキャラでね。
マジメな演技もいいけど、安達さんはもっとはじけてくれなきゃって思ってたら、後半はしっかりその期待に応えてくれましたよ。

50回目のファースト・キス

映画
10 /10 2007
こないだ見た映画。

50回目のファースト・キス

[ストーリー]
交通事故にあって以来、記憶障害で短期の記憶を維持できず、一晩眠ると忘れてしまうルーシー。そんな彼女に恋したヘンリーは、毎日彼女にアプローチしてはフラれる日々を繰り返す。しかし、彼女の中に変化が訪れていた。恋はルーシーの病を治すことができるのか…。


父親とパイナップルを取りに行く途中に事故にあい、
記憶を長期の記憶に変換できないという記憶障害をおってしまったルーシー。
その障害のため、一晩寝るとその日の事はすべて忘れて、記憶は事故の前日に戻ってしまう。

ルーシーには事故にあったという自覚がないんですよ。
家族は事故の前日の新聞を大量に用意したり、その日が父親の誕生日なので毎日祝ったりして、なんとかルーシーに事故のことを悟られまいとしているんです。
もちろんそんな生活を続けていても、いずれはどうしたってごまかしきれなくなる事は分かっているけど、家族としては辛いよね。
隠さなければ悲しむ姿を毎日見なければいけないわけですからね。
でもそんな中にヘンリーが現れて、少しずつ変わっていくんです。

切ないけど見た後幸せな気持ちになれるいい映画でした。
ドリューとアダム・サンドラーの相性もピッタリ。
この二人だから深刻なテーマなんだけど、暗くなりすぎず笑わせてもくれる。
いくら映画だからって奇跡が起こって病気が治ちゃったら意味無いんだよね。

雨蘭さんは男だか女だかわからない性別不明のアレクサ役。
映画的には「何のためにこのキャラ入れたのかな?」っていう、
あんまし必要ないキャラなんだけど、僕は好きでしたよ。あの感じ。

マーダー・ライド・ショー

映画
10 /09 2007
今日は「マーダー・ライド・ショー」を見ました。

マーダー・ライド・ショー SPECIAL EDITION [DVD]

<ストーリー>
ハロウィンの前夜、アメリカの田舎道を4人の若者を乗せた車が走る。全米各地のユニークな場所を取材して本を出版するためのドライブ。この地方には、本で紹介するのにうってつけの歴史的人物、拷問を愛し殺人を繰り返したドクター・サタンの伝説が今なお残っていた。ところが突然、ガス欠とパンクで車が立ち往生する。困り果てた4人は、途中で拾った美人ヒッチハイカーの誘いで彼女の家を訪れ、車の修理を頼むのだが…。そこは、痛みと恐怖を崇拝する殺人一家が巣食う極彩色の猟奇世界だった!殺人一家は若者たちをもてあそび殺戮に酔いしれる。さらにこの館には、伝説の殺人鬼たちの秘密が隠されていた。今、ここに、最凶のショーが幕を開ける!


これを最後までとっとくんじゃなかった。後味悪い。
雨蘭さんが出てなかったら絶対見てないよ。
ただ、この映画は雨蘭さん要素があってもかなりつらい感じではありました。
やっぱりグロい系はどうしても苦手なんだよね。

ストーリーは2もわけわかんなかったけど1も全然わかんない。
もうグロい。ひたすら。それは2見てわかってたんだけどね。
もう止めてって感じ。こんな映画を好き好んで見る人の気が知れないわ。
この映画で唯一面白かった所なんて、若い警官が小島よしお似だった事くらいだよ。

なにやらこの映画は悪魔のいけにえをオマージュしてるらしいんだけど、
悪魔のいけにえを見た事無い僕には全く理解できませんでした。
2でわからなかった事が1見たら少しはわかるかと思ったけど、それも全然で。
とりあえず2でコイツらみんな消えてよかった。

って全然まともな感想書いてないけど、まぁいいや。

サイレンサー

映画
10 /08 2007
今日は「サイレンサー」を見ました。
ヘレン・ミレン、キューバ・グッディングJr.主演。
二人ともオスカー獲ってるんですよね。豪華ですね。

サイレンサー [DVD]

<ストーリー>
ローズ(ヘレン・ミレン)とマイキー(キューバ・グッディングJr)はコンビを組んでいる暗殺者。ローズは末期癌に侵されていて、もう余命幾ばくもない。
二人は、これで終わりにしようと決めて最後の仕事を受けます。その仕事というのはクレイトンの妻ヴィッキーを殺すというもの。依頼者は夫のクレイトン。
クレイトンは悪党で、浮気を疑って妊娠中の妻を殺すように依頼したんです。
ローズ達が家に侵入して、ヴィッキーを殺そうとしたその時、ヴィッキーは産気付いてしまう…。


親子ほど年齢の離れた暗殺者のコンビって設定はなかなか魅力的ですね。
ただ、ストーリーはちょっと僕には理解できなかった。難しくて。
登場人物の複雑な感情。深すぎてよく分からない部分も多々あったし、
時々、何が言いたいんだか分からないような演出もあったりで。
ストーリーにあんまり関係のない変なエロ要素とかはいらないんじゃない。
シリアスなのに、そのせいで流れが断ち切られてる感じもした。
特に途中のあのアレはいくらなんでも…。「完璧だ!」って、一体どんな趣味だよみたいな。
この映画の監督、これが初監督なんだね。初だからか、それともこういう路線の人なのかよくわからないけど。

雨蘭さんはヴィッキーの友人のニーシャ役。
ニーシャは唯一わかりやすいキャラだった気がするな。でも途中で…。
クレイトンと対面した時にもう一波乱くらいありそうだったんだけど…。

途中、太ったナース役の女優を見て「あれ?この女優どっかで見た事ある…」って思って。
そのナース役がファット・ガール主演のモニークだったんですよ。

デスパレートな妻達3 #01 「どしゃ降りの心模様」

海外ドラマ
10 /03 2007
始まりましたね。デス妻3が。
また毎週デス妻が見られる生活になるのかと思うと嬉しいです。

シーズン2になる時はそのまんまだったのに、今回は6ヶ月も経ってる。
6ヶ月間色々あったみたいですねぇ。

マイクはあの後ずっと昏睡状態。6ヶ月も昏睡状態って相当絶望的ですよね。
昏睡状態が長いと目覚めても長く生きられないんじゃなかったけ?
まっ、でもドラマですからね。奇跡の復活を遂げてくれるだろうと期待して。
ホアニータは目覚めてリハビリも無しにスタスタ歩いてたしね。パワフル過ぎ。

スーザンは相変わらず。髭剃り下手すぎだわ、スムージーはかけちゃうわで。
でも、6ヶ月もくじけずにマイクの世話してるなんて、健気ですね。
イアンの銀河万丈さん、渋いわ。

リネットも隠し子問題で心労が耐えないね。
ノーラははた迷惑なわかりやすいぶっ飛び女だけど、憎めない感じ。
リネットもそこまで毛嫌いしなくてもいいんじゃないと思った。
でも、何で今更になって急に現れたのかいまだに分からない。

ガブさんは相変わらず素敵なビッチっぷり。
シャオメイいい子だったのに。ガブさんの影響か、すっかりビッチに。
子供がいるので、手出しできないという。修道女以上の強敵じゃないですか。

ブリーの祝いの席には招かれざる客が、ジョージの時も来たよね。
あの時は追い返したけど、今回は…。う~ん…。ブリー目を覚ましてくれ。
悪人じゃなかったらお似合いだよね。ダニエルはたまんないだろうけど。

そしてはたしてあの呪われた家は売れるのか。

ってことで、新シリーズも問題山積み。来週が待ちきれないよ。

デススパレートな妻たち3

TV・映画・DVD
10 /02 2007
明日からデス妻3がはじまりますね。
いつの間にか公式サイトも出来てる。

公式サイト

ブリーがセンター。でも怖いよ。白雪姫の鏡の中の人みたい。
新しい登場人物も随分増えるみたいで。もしかしてイーディーの甥とジュリーがくっついちゃったりするの?それはまた大変ですね。
ええええ。ブリーはあの危なそうな歯医者と結婚しちゃうの?
相変わらず悲惨すぎるくらい男運が悪いね。先シーズンが酷すぎたから、第3シーズンでは少しは幸せな感じになってもらいたいんだけど。それは無理なのかな。

確かこのシーズン、ブリー(マーシア・クロス)が妊娠してるんだっけ。
でもそれを感じさせないように巧みに隠してるみたいだから、それも楽しみ。
妊娠中は少しポッチャリしてたけど、こないだのエミー賞では見事にスリムに戻ってたのはさすがでしたね。

アグリー・ベティ

海外ドラマ
10 /01 2007
始まりましたね。アグリー・ベティ。

公式サイト

面白かったですね。期待を裏切らない出来で。
すごいねベティ。あのポンチョ。アン・ハサウェイなんて目じゃないよ。

原作の「ベティ 愛と裏切りの秘書室」はチラッと見た事あったんだけど、その時はベティの物凄い髪形に拒否反応が出てすぐにチャンネル変えちゃったんだよね。
まさかこんな面白いドラマだったとは。

そうそう。
ベティ役のアメリカ・フェレーラも受賞したこないだエミー賞を見ました。飛ばし飛ばしですけど。
デス妻の人達プレゼンターしてたけど、やっぱり去年よりは面白くなかったな。
去年の元祖チャリエン登場みたいなサプライズはなかったし。

っていうか、エミー賞よりその後の海外ドラマ最前線07の方が見たかったんですよね。
いや~、今年もなかなか面白そうなドラマが色々と始まるみたいで。

今年の流行はスーパーナチュラル系だそう。
「Pushing Daisies」とか面白そうだった。日本で放送されたら見るよ。

ルーシーさんの新ドラマも結構良さ気じゃないですか。
CMあけカットインもルーシーさんだったし。AXN、放送してくれるかもね。

ダーマのクリエイターが再びコンビを組んだというシットコムも始まるそうで。
ダーマとは大分コンセプトが違うけど、そっちもなかなか面白そう。

一体この中でいくつ生き残れるか。
去年来年エミー賞を受賞するようなドラマも出てくるのかな。
それより今年のエミー賞を賑わせたドラマも早く日本で放送してほしいよ。

イチ

URAN管理人のイチです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。