AX 2006年07月 - イチログ

ウォルター少年と、夏の休日

映画
07 /27 2006
木曜洋画劇場「ウォルター少年と、夏の休日」を見ました。
天才子役オスメント君がぎりぎり子役だった頃の作品ですね。
いまやすっかりおっさん臭くなっちゃってますけど。

ウォルター少年は母親が学校に入るという理由で実は大金持ちだという大叔父達に無理矢理預けられる事になります。この母親がもうどうしようもない人で、学校に入るなんていうのはまったくの嘘で、ウォルターを預けたのは気に入られて遺産を手に入れようと目論んでの事。
その大叔父達はというと、自分達が金持ちだという事を聞きつけてやって来るセールスマン達をショットガンで追っ払っちゃうすんごいぶっ飛んだ人達だったんですよ。
最初は怯えていたウォルターも、一緒に生活して二人の昔話を聞いている内に徐々に打ち解けていき…。

ええ話だったよ~。感動した。
おじいちゃん達、すごい不良老人なんだけどカッコイイんだよ。
大叔父達の昔話が映画になるんじゃないかってくらいの嘘みたいにすごい話で、
その話が本当なのかどうかわからずにストーリーは進んでいきます。
色んな物をポーンと買っちゃうところをみるとお金持ちなのはホントみたいだけど…。
ってそれは最後に分かるんですけどね。

雨蘭さんは金目当て丸出しで大叔父達に取り入る親戚役。
嫌な役なんですよ。大人の嫌らしさ全開で。雨蘭さんの声なのにムカツクみたいな。
途中で消えて良かったみたいな。そういう役だからそれでいいんですけどね。
スポンサーサイト

ダンディージョーの華麗なる冒険2

その他
07 /25 2006
119番通報までして時間を合わせたにもかかわらず、全く録れてなかったでお馴染みの道草ですが、今日はバッチリ録れてました。気まぐれなプレーヤー…。

今回、雨蘭さん演じるジェーンは大企業の過激派に追われる身みたいです。
その過激派はギガンテス帝国のオーパーツを見つけ、その力で世界征服しようと企んでいて、ジェーンは過激派から世界を救うために過激派より先にギガンテス帝国の遺跡にある危険な資料を見つけ、隠さなくてはいけないのです。
その遺跡をダンディが見つけたと確信したジェーンは、今は引退しているダンディの前に現れたと。

ってことで明日はとうとう地下宮殿に乗り込むみたいですよ。
一体どうなるのか、果たして録音は出来るのか…。頼むよプレーヤー。

ポパイの大冒険~海にひそむ謎を追え!

アニメ
07 /17 2006
カートゥーンネットワークで放送された「ポパイの大冒険~海にひそむ謎を追え!」を見ました。
ポパイ誕生75周年を記念して作られたCGアニメで、CGだけど動きは昔のアニメっぽいです。わざとそう作ってるのか知らないけど、CGはゲームみたいな出来。

<キャスト>
ポパイ…山寺宏一
オリーブ…雨蘭咲木子
ブルート…天田益男
スウィーピー…松山薫
ウィンピー…長嶝高士
パピー…たてかべ和也
魔女シーハッグ…高乃麗

ポパイは小さい頃に自分を捨て行方不明だった父親に危機が迫っていることを夢で知り、オリーブやブルーと達とミステリー海に旅に出ます。
ミステリー海に住む魔女シーハッグは予言を達成させるため片目の船乗りの息子を探していて、あの手この手でポパイを手に入れようとしてくるのです。

見終わった感想としては「これで終わり?」って感じ。
一応完結するにはするんだけど、映画特有のこれでおしまいって感じじゃなくて、来週もありそうな。

雨蘭さんオリーブ似合ってますね。ヒロインだし、出番多いし、歌ってるし。
ポパイってこの作品で子供の時以来始めて父親に会えたのかな?
魔女シーハッグが美女に化けて歌ってポパイを誘惑するシーンがあって、それ聞いて「麗さん歌うめぇ~」って思ったんだけど、普通に上手いこと知ってるじゃん。 歌手でもあるし。
エンディングのあの曲が日本人が作ったって言うポパイ・ザ・セーラーマン?

ぼくなつ一周目

ゲーム
07 /14 2006
ぼくなつ、一周目クリアしました。陶芸家エンドでした。
最後のシーンは何度見てもウルッときますね。「詩~~~」って。
実生活では毎日暑くて暑くて早く秋になってほしいと思ってるのに、
このゲームやってるなんて矛盾してるな~、自分。

ホントに忘れてることが多くて、イベントとかこなせなかったのもありましたね。
てっぺん山に行けたんだけど、てっぺん山に関する記憶が全く無くて、もしかしてPS版で行ってなかったかもという気すらするくらいでした。行ったはずだけどな。

虫は数が二倍に増えていたので捕まえんの大変でした。
ただ捕まえていない虫にはNewマークが付くので捕り逃すことは無かったです。
後6匹でコンプリートだったんだけどなぁ。希少種は全部ゲットしたけどね。

ハァ~、それにしても「終わっちゃった~」って感じです。
達成感もあるし、夏休みが終わっちゃった寂しさがありますね。
やっぱりホントいいゲームだわ。コレ。

ただ僕、このゲーム、唯一ナレーションのダンカンさんが致命的にダメなんですよ。
ダンカンさんの声聞くと「この可愛いボクくんが将来ダンカンになるんだ」という思いが頭をよぎちゃって。もっと優しげな声だったらいいのに。
わざわざあんなしゃがれた声にしなくてもいいと思うんですよね。
2000年発売なので大人ボクくんの年は33でしょ。33であの声はやだなぁ…。
なぜか昔は気にならなかったんだけど、今はやたら気になります。
声優ファンの性でしょうか…。

それから、やっぱり呪われた32日目以降のバグは修正されてましたね。

ぼくのなつやすみポータブル ムシムシ博士とてっぺん山の秘密!!

ゲーム
07 /11 2006
こないだ買ったぼくのなつやすみをやってるんだけどやっぱりぼくなつはいいなぁ。
ぼくなつは1も2も相当やった大好きなゲームなんですよ。
その時代に生きてたわけじゃないのにたまんなく懐かしい世界観、あのほのぼのとしていてあったかい登場人物などなど、ホントにいいゲームですよね。
今からでもいいからこんな夏休み過ごしてみたいなぁ~。

ぼくのなつやすみ ポータブル

今回は一作目のリメイク移植版で、ヨシコちゃん、教頭先生、アニキくんという新キャラが三人登場します。その中で注目すべきはなんといってもアニキくんでしょう。
一作目から6年。すっかり声変わりして大人になったボクくん役の進藤一宏が演じてるんです。声変わりしててもなんとなくボクくんっぽさは残ってて、ボクくんが大人になったらこういう声になるんだって言うのが分かって、なんともいえないですね。
声変わりした進藤君はぼくなつ2にも出てたんだけど、今回は昔の自分との共演ですね。

進藤君の公式サイト

進藤君のボクくん以外で思い出深い役といえば「ティガームービー」のクリストファー・ロビン役かな。クリストファー・ロビンは子供なので頻繁に声が変わるんだけど、進藤君のクリストファー・ロビンが一番クリストファー・ロビンっぽかった気がします。上品で賢そうな感じがしてね。
そんな進藤君もいまやジャグリングの世界チャンピオンだって。大したもんだね。
公式サイトの映像すごいよ。何デスかアレは!腕は2本でしょ。僕には玉一つでも無理。

さて、ゲームの方は今半分の15日目です。
最初は何にも考えずにプレイしようと思って、虫をコンプリートしようとかって事は考えずにただ楽しんでやってます。
やりこんだといっても数年経ってるので忘れている事も多く、新鮮な気持ちでプレイできますね。色々やってると一日がすぐ終わっちゃいます。
でもこのすぐに終わっちゃう名残惜しい感じもリアルだったりするんだよね。
虫相撲は初めて桑の木を調べた時に速攻でキングサイズのノコギリクワガタが出て連戦連勝。今回は虫が取り放題だったり、虫3匹のデータが持ち越せたり、色々新しくなってる部分もありますね。この調子でのっぽ山に行けるようにしなくちゃ。

イチ

URAN管理人のイチです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。